catch-img

graphic baseのガラスフィルムの特徴とは?


詳しい資料はこちらから

お問合せはこちら


目次[非表示]

  1. 1.ご要望に合わせたグラデーションタイプをご提案
  2. 2.graphic baseならデザインも妥協しません
  3. 3.透明インクを使った自由なグラデーション表現



ご要望に合わせたグラデーションタイプをご提案

ガラスフィルムと言えば、透明のものとグラデーションやスリガラス調(ざらざらした質感)フロスト調(表面に艶があり滑らかなものでタペシートやタペ調、タペストリー調とも呼ばれる)のものがあります。有名なものでは3Mファサラ「イルミナ」やサンゲツ「クレアス」、中川ケミカル「フォグラス」などがあげられます。

graphic baseではインクジェットプリンタを用いることで、お客様のご要望に応じたオリジナルグラデーションを容易に作成することが出来ます。下図のようにあらゆる方向から自由自在にグラデーションの幅や高さ、位置の調整が可能。細かな透過度の調整による採光具合等、使用するシーンに合わせて制作いたします。



graphic baseならデザインも妥協しません

これらのガラスフィルムでは、グラデーションやストライプやドット、カーボン、プリズム、モザイクといったパターン構成により、スモーク部分をシンプルに調整します。また、飛散防止や紫外線カット、劣化防止等のフィルムを貼ることで機能的な効果も得られます。

さらに、graphic baseではご希望のグラフィックデザインによって『見せたい部分と隠したい部分』を表現することもでき、機能面とデザイン面のどちらにも妥協しないご提案をしています。

▲隠したい場所と見せたい場所をデザインでアレンジ

▲透け感のアレンジや石や木目、和紙などのマテリアルのテクスチャー表現も可能



透明インクを使った自由なグラデーション表現

透明インクを使ったグラデーションなら、ガラスの質感を活かしたデザイン表現ができます。当社のプリンターには透明インクを搭載していますので、様々なデザイン表現やアンティークガラスなどのテクスチャー表現も可能です。